東京で最安値の胡蝶蘭

東京の花屋で胡蝶蘭3本立を注文すると、値段が3万円すると思われている方は、高い値段で注文してしまう前にここで紹介する産直通販の胡蝶蘭の値段を確認して下さい。

花屋やデパートと同等以上の高品質な蘭が通常価格より40%程度安く購入することができます。

東京の花屋や花のネットワークを利用して胡蝶蘭を送る場合、安いと言われている花屋でも販売価格は15000円以上が最低価格になります。

本数は3本立ちですが、花の数が少なく、見た目のボリュームもサイズも小さい印象になります。

大手の花屋だからとか、全国ネットのシステムで有名だから安心だろうと思って利用する人が多いのですが、これらの花屋は通常の仕入れ方式を採用しているため、多くの物流コストがかかっています。

通常の仕入れの胡蝶蘭

生産地 → 花市場 → 仲卸 → 花屋 → お届け先

通常の胡蝶蘭は多くの業社が介在することで中間コストが増え、販売価格が高くなります。値段は高いのにボリュームがない胡蝶蘭が届くことになります。

値段が安くて豪華な胡蝶蘭を手配するにはどうしたら良いでしょうか?

最もおすすめなのは、産直入荷の胡蝶蘭を購入する方法です。

産直の胡蝶蘭

生産地 → お届け先 または、生産地 → 通販会社 → お届け先

産直入荷の胡蝶蘭は、花市場や仲卸業者を通さないため、通常価格より4割以上安い値段で購入することができます。

産直入荷している蘭の専門店であれば、画像のような大輪系3本立ちが1万円以下の最安値で注文できます。

胡蝶蘭の値段が安い理由

産直通販は、花市場や仲卸、花屋を介さずに配送するため中間手数料が無くなり、花屋で買うのと同等の花が通常より約4割も安く注文することが出来ます。

さらに、産直の蘭なので花屋で買うより新鮮な上、ラッピングやお祝い札も無料で付いています。花屋を利用するのと同じように届けることができます。

また、産直のメリットとして、スピード配達があります。注文から最短で当日~翌日着という速達並みの配送で届くので、急いで送りたいときに役立ちます。

格安価格の胡蝶蘭、品質はどう?

品評会で数々の賞を受賞している実績がある名産地の胡蝶蘭なので安心です。値段は格安でも、見栄えと品質は保証つき。スタンダードな蘭からハイグレードな胡蝶蘭まで、予算と用途に合わせた蘭が、花屋で買うよりも高品質で安く手配できます。

予算が合わなくて今まで注文できなかったような、大きくて見栄えの良い最高級な胡蝶蘭5本立ちも、このサービスを利用すれば3万円から注文可能です。

品質の良い胡蝶蘭が東京で最も安く買える通販で売れ筋の胡蝶蘭を会社向けと個人向けにランキングにしました。

会社向け胡蝶蘭【売れ筋人気ランキング】

東京に最短で当日に配達出来る胡蝶蘭です。産直なので取扱数は花屋の数倍以上。たくさんの種類の中から値段に合わせて選ぶことができます。値段や贈る相手によって最適な蘭を贈れますので、ぜひ一度利用してみて下さい。

1位

17500円【大輪白3本立】

東京23区、大阪市、福岡市当日配送OK
全国翌日発送に対応

2位
27000円【大輪白5本立】

東京23区、大阪市、福岡市当日配送OK
全国翌日発送に対応

3位

2万円【大輪白赤3本立】

東京23区、大阪市、福岡市当日配送OK
全国翌日発送に対応

安くて高品質な胡蝶蘭

生産地から独自ルートで花を仕入れて配送しているため、最高級で新鮮な胡蝶蘭で安心です。

デパートや一流花店で扱っている胡蝶蘭と同じものが4割程度安く注文できるため、芸能界や政財界、一流企業に多くのクライアントを持っています。評判の良さが広まり、年間数万件の受注実績があります。

都内23区への配達は最短当日のスピード速配

東京、大阪市、福岡市に支店を構えていますので、ネット注文(カード決済又は振込前払い)で最短で当日配送しています。夜のうちに注文しておけば翌日には届くというスピード配送は楽天(あす楽)にもありません。

【胡蝶蘭の一覧はコチラ】

東京でトップ3に入る高品質と激安価格

東京で最安値と最高級の胡蝶蘭を扱っています。安さの理由は独自の仕入れルートにあります。

日本有数の名産地から花市場や仲卸業者を介さずに仕入れをすることで物流コストを大幅にカット。

大輪系の胡蝶蘭3本立が1万円以下という東京で最も激安な販売価格を実現しています。

さらにネット申し込み限定の割引特典として、総額から3%割引、さらに会員登録(無料)するだけですぐに利用できる500円割引がありますので、とてもお得に利用できます。

会社で外部とのメールやり取りができない場合でも、領収書を発行してくれますのでフリーメールを利用して発注するのがおすすめです。

お店や個人向け胡蝶蘭【売れ筋人気ランキング】

東京の花屋で注文すると15000円~2万円以上する胡蝶蘭が、格安の1万円未満で注文できます。

1位
9200円【大輪白3本立】

東京23区、大阪市、福岡市当日配送OK
全国翌日発送に対応

2位
13500円【大輪ピンク3本立】

東京23区、大阪市、福岡市当日配送OK
全国翌日発送に対応

3位

17500円【大輪白赤3本立】

東京23区、大阪市、福岡市当日配送OK
全国翌日発送に対応

 

東京にある花屋の胡蝶蘭相場と納期、品質

東京の花屋を調べてみると、大輪系の胡蝶蘭3本立ちを1万円以下で販売している花屋は東京にはほとんどありません。

また、東京23区内に当日注文で即日配達、翌日配達に対応している花屋もほとんどありません。
通常の花屋は配送や仕入れに時間がかかるので、リードタイムが長くなっています。

品質に関しては、通常の花屋は花市場や仲卸から入荷するため、一定時間経過した花を扱っています。
産直と比べると蘭の品質は劣らざるを得ません。

その点でいうと、ここで紹介しているサービスを利用することでいつでも新鮮で長持ちする花が届けられます。

東京の花屋と比べて豊富な商品ラインナップ

胡蝶蘭は予算に合わせた3タイプの色【ホワイト】【ピンク】【白赤】から選べます。

おすすめの花色は、最も鑑賞期間が長く、日持ちが良い白いタイプです。法人個人問わず、贈答祝い花として白い胡蝶蘭はおすすめです。

ran-all02.jpg≫ 胡蝶蘭一覧はコチラ ≪

東京の花屋と取扱品種を比べると、通常の花屋には白いタイプしか置いていない場合が多く、色付きの蘭は数日前に予約が必要になる場合がほとんどです。当日、翌日配達のような急な手配には対応が困難な花屋が多いのが現状です。

しかし、このプレミアガーデンでは各色3本立、5本立、7本立まで常時手配できるのも他の花屋と違うところ。

※1日の受注数が多いため、注文時に在庫がないこともあります。時間に余裕を持って早めに発注することをおすすめします。

贈るシーン&用途

胡蝶蘭を贈る用途としては、移転祝いや就任祝い、設立祝い、楽屋見舞い、開店祝い、周年祝い、開業祝い、新築祝い、受章祝い、誕生日等、ほぼ全てのシーンに利用されています。

『幸せが飛んでくる』という縁起のいい花言葉が付いているので、特にビジネスギフトとしてお祝いの贈答品にすると先方にも喜ばれます。

胡蝶蘭は花の中で最も日持ちが良く、10度以上30度以下の環境であれば数か月は咲き続けます。

花が終わった後も、咲いているときと同じように管理してあげることで再び花が咲くことが多いのも特徴。2回目3回目と咲かせる人も多く、花のお世話をするのが楽しくなります。

アンケートによると、母の日に贈られて嬉しい花として、ちょっと高くても切り花の数倍長持ちする胡蝶蘭は多くの人に選ばれています。

2017年5月現在、この通販の胡蝶蘭は東京で最安値です。

WEBで注文した場合は、総額から3%割引と会員登録(無料)で500円割引が受けられますので、さらにお得に利用できます。

都内の取引先やお客様へ、品質が良い胡蝶蘭を東京贈りたい方におすすめの産直通販です。

高品質で新鮮な最高級の胡蝶蘭を安く贈ることが出来る花屋を利用してみてはいかがでしょうか。

東京に胡蝶蘭を贈るならプレミアガーデン

https://www.prrr.jp/

胡蝶蘭について

各種お祝いの花ギフトとして贈られることの多い胡蝶蘭は非常に美しい花です。
幸せを運んでくれるという新しい門出を迎えた人に対して贈る花として相応しい花と言えるでしょう。

最近だと高品質な胡蝶蘭をネット通販で購入してギフトとして贈ることができるようになっています。
花屋では在庫に限りがありますが、ネット通販なら画像で比較しながら選ぶことができるのもメリットです。

お花だけでは不十分だと感じる場合は、あわせて他のギフトを贈ることもできますが、その場合は気持ちが伝わるものを選ぶようにしましょう。

立札について

胡蝶蘭をお祝いギフトとして贈る場合は、立札をつけて贈ることをおすすめします。
これは熨斗の代わり、お祝いメッセージとなります。
立札については、それぞれのお花屋さんに無料で用意されているので、注文するタイミングで立札も頼むのが一般的です。

大きなものになると50cmを超える立札もあります。
花屋さんの方で贈る胡蝶蘭の状態などにあった立札を用意してもらうこともできるので、このような形で贈りたいという希望がある場合はそれを伝えてプロに委ねることもできます。

また、立札をつけることによって自分をアピールすることができるというビジネス的な狙いがあるわけですが、立札が立派な方が人の目を惹くので自分の名前を見てもらえるチャンスでもあります。

もちろんビジネスのお祝いであってもお祝いごとにビジネスを前面に出すのはあまり良いことではないので気をつける必要もあります。
ビジネスのお祝いというのはお祝いの質はもちろんのことマナーが試される場であるということも意識しておく必要があります。

胡蝶蘭が喜ばれる理由

胡蝶蘭は一般的に鉢植えの花が咲いた状態で売られています。
それらを購入して贈るということになるのですが、胡蝶蘭は非常に花持ちがする花です。
お手入れも殆ど要らずに、長い期間に渡って楽しめるのでことが出来るので、会社向けのお祝花に喜ばれるのがこの花の特徴になります。

普通の切り花などを花屋さんで購入すると日持ちは数日、長くても1週間や10日程度というのが普通です。しかし、胡蝶蘭はそんな簡単には枯れません。月に2~3回程度の水やりだけで3ヶ月程度は咲いている花になります。

その上、花が終わっても葉っぱが元気なうちは再び花が咲くといいますから、非常に生命力あふれる花になります。流石に値段が高いだけの価値はあると言っても良いかもしれません。種類と環境によっては、半年以上も咲いているような場合もあるといいます。

ただ、胡蝶蘭を贈っても、受け取った人が皆専門家であるわけではありません。中には全く管理をせずに枯らしてしまう場合もあります。月に2度程度の簡単な水やりさえすれば元気な花を鑑賞できますので、お祝いに頂いた花だからと言って几帳面に栄養剤をあげたりするような管理をしないいけないというようなこともありません。

置き場所を考えて、直射日光を避けて間接的な光があたるような場所に置き、水やりも忘れない程度に、頻繁には行わないことを徹底していれば、年に2回程度は再び咲いてくれることもあります。

尚、葉っぱも黄色く変色して枯れてしまった胡蝶蘭は、再び花を咲かせるのは難しいので、感謝をしながら処分をするようにして下さい。