胡蝶蘭を育てる方法

胡蝶蘭は育てるのが難しいという話をよく耳にします。
上手に育てることが出来ると何年も花を楽しむことが出来るとも言います。

環境さえ整えてしっかりと守るべきことを守って育てていくことができれば実際に何度も花を咲かすことを目にすることが出来るというのは事実のようです。

胡蝶蘭を育てていくにはいくつかのコツが有ります。
その内容は特別に難しいというものでもありません。

基本は胡蝶蘭という植物が亜熱帯地方で生育し暖かい地方の植物であるということと根が地表に出ている植物だということをしっかりと理解していれば自ずと上手に育てていくことができるようになると言っても良いでしょう。

育て方のコツとしては基本的に寒さが苦手だということを頭に入れておくべきでしょう。
しかし、だからと言って日光がきつい場所や日差しのキツイところへ置くのは厳禁です。
柔らかい日差しが当たる程度の場所で室温はいつも18度以上になるような場所に置くことがポイントです。

また、水やりに関してもあげすぎは厳禁です。基本はあまり水はあげなくても良いということになります。
10日に一回程度で土がカラカラに乾いているというような状態の時に水をあげるということがポイントです。
水をあげすぎると水腐れしてしまいますので注意をしましょう。

乾燥も嫌いますので部屋を暖かくしても乾燥し過ぎないように時々、霧吹きなどで水を与えるということも大切なポイントです。
胡蝶蘭は年間を通して同じような環境にあるのが一番良いのですが、温室などは一般的には用意できないでしょうから家の中で育てるのにベストな場所を探さなくてはいけません。

意外と余熱を持っているテレビなどの電化製品の横などが良いという話もあります。