胡蝶蘭の選び方

お祝いごとなどがあると胡蝶蘭を贈るという機会も出てくることでしょう。

そんなときにどのようなものを選んだら良いのかということを知っておくと便利だといえます。

胡蝶蘭には大輪胡蝶蘭とミディ胡蝶蘭があります。

一般家庭に贈る時には大きすぎると、いくらキレイでも迷惑になる可能性がありますのでミディが良いのではないかと思われます。

仕事関係での開店祝いや就任祝いなどに関しては店舗や事務所に置くことになろうかと思われますので、見栄えがする大輪が良いかとも思われます。

色に関しては一番無難なのは白色だといえます。もちろん、ピンクや紫などでも構いませんが、贈り先の雰囲気に合うものを選ぶべきだということが言えます。

鉢に植わっている蘭の本数に関してでも見栄えが違ってきます。

一般的には2本立てや3本立て、5本立てといったものが主流となるのですが本数が多いほど豪華に見えることは間違いがありません。ただ、本数が多すぎても一般家庭では置き場所に困る可能性もあるのでよく考えて購入しましょう。

一本あたりに付いている花の数で胡蝶蘭はグレードに差がでると言われています。

一本あたリの花の数は多いほど価値が高くグレードも上がります。当然、値段も上がるということになります。

つまり、一本あたりの花の数が相当に多く5本立てのような蘭に関しては相当に高級な花ということになるのです。

いずれにしても贈り先の相手の家庭や事務所などのことをよく考えて贈るということが贈答用として選ぶのなら大切なこととなるのです。