用途別の相場や値段について

胡蝶蘭というとお祝いごとに贈る花の定番といった感じがします。

何しろ品があり豪華に見える花の代表とでも言うべき花ですし、花言葉が幸せに絡んでいるので納得ができるといったものです。

ただ、値段は高いです。

とても一般の家庭で日常に飾るような花ではないということをイメージとして持っている人も多いことでしょう。

そんな胡蝶蘭の値段は千差万別です。

安いものは5千円程度でもありますし10万円もするようなものも販売されているのです。

胡蝶蘭の値段は花の一輪あたりの大きさと花の数の多さで値段が変わってきます。

花は大きく数も多いものが高いということになるのです。

よく花屋さんで3本立てとか5本立てとかで販売されているのを見かけますが、花の数が多く豪華に見えるという点では5本立てがオススメなのですが、一本の蘭という単位で見た時には3本立てのほうがより高級という扱いをされる場合が多いようです。

お祝いごとで贈る場合には個人に贈るのか法人に贈るのかで値段もサイズも変わってくる部分があります。

法人の場合のほうが個人よりも高い値段の蘭を贈る傾向が強いようです。

開店祝いなどは1万円から3万円程度、就任祝いなどは3万円から7万円程度の花を贈られる場合が多く、個人の誕生日のお祝いなどは5千円から3万円程度、還暦祝いなどは1万円から3万円程度の花を贈られる場合が多いようです。

色は基本的に何事にも無難な白色を選んで贈るという場合が多いようですが、もちろん他にもピンクや紫などいろいろな色の胡蝶蘭も贈り物として重宝されています。