開業や開店祝いの胡蝶蘭ギフトを贈るタイミング

開店や開業祝いに贈る定番のギフトと言えば胡蝶蘭を連想する人も多いと思いますが、若いころはお花を貰ってもあまり喜ばないと言う人も多いのですが、大人になってくると花が持つ神秘性や花言葉が持つ意味などを意識するようになり貰って嬉しいギフトになります。

胡蝶蘭東京

その中でも胡蝶蘭は美しさもあり派手さもあり、そして神秘性もあることから人気を集めていますが、開店や開業のお祝いで多く利用されているのは幸せを呼んでくれるという花言葉や耐久性が高く長い時間をかけて美しく咲いてくれることなどが理由です。

開店や開業の際にギフトとして贈る場合はタイミングが一つのポイントになりますが、前提となるのは開店より遅れないように贈るということなので開店する日にちを聞いた時点から準備を進めて行く必要があります。

花は生きているので当然ながら枯れてしまうわけですが、早いうちから購入していると一部が枯れてしまってギフト用としてはとても不向きな面持ちになってしまう可能性があるので開業や開店する当日か前日に届くようにしておくとよいでしょう。

場合によってはオープンを記念してイベントを行うようなケースもありますが、イベントに胡蝶蘭があれば場をより盛大にすることができるのでイベントに合わせて贈るのもおすすめです。

手渡しで渡すというのも気持ちがこもっていいのですが、開店や開業前は忙しい場合が多いので手間をあまりとらせないようにすることも配慮として必要です。