本社や事務所の移転祝いに贈る胡蝶蘭

 

移転祝いに贈る花としては胡蝶蘭が定番となっています。理由としては、値段の幅があることや縁起の良い花であること、好き嫌いがないこと、社内が華やかになることなどが挙げられます。

胡蝶蘭の花言葉は「幸福が飛んでくる」です。移転する会社が繁栄するようにとの思いを込めた縁起の良い贈り物として選ばれています。

移転祝いの相場は2万円から5万円程度ですが、その値段に見合った花以外の贈り物となるとかなり限定されます。

焼き菓子やスイーツは値段的に見劣りしますし、家電製品ではビジネスギフトとしての要件を満たさない場合がほとんどです。

その点、胡蝶蘭などの花であれば、値段の幅やバリエーションが豊富なので各社とも相手との取引内容によって値段を選んで贈ることができます。

胡蝶蘭は5000円程度からグレードを上げたり下げたりできるので、相場と予算を考えながら選べる移転祝いに適した贈り物です。

移転お祝い胡蝶蘭

植物はお手入れをしないと枯れてしまいますが、胡蝶蘭は管理が楽で日持ちが良いのも選ばれている理由です。社員が男性だけの会社に贈っても、水やりだけで数ヶ月は鑑賞できます。

移転のお知らせが来たら、業務開始日の前日か当日に届くように手配しましょう。

移転祝いの胡蝶蘭まとめ

胡蝶蘭は縁起がよく、お手入れもほとんど不要で日照がないオフィスの室内でも育つ丈夫な花です。

相場

相場は2万円から5万円程度ですが、値段の幅があるため取引内容の大小で予算に合わせた花を贈ることができます。

大切な顧客宛にはやや多めの予算を組むことも忘れないようにしてください。(2万円→3万円)

贈るタイミング

移転祝いの胡蝶蘭を贈るタイミングは、移転完了後の業務開始日前日または当日。

立札

胡蝶蘭につける立札には「移転御祝」や「祝御移転」に「送り主の名前」が一般的です。

祝御移転 ○○株式会社 代表取締役 □□太郎

 

胡蝶蘭3本立の通常価格は2万円から3万円程度ですが、発注する花屋によって見栄えも品質もバラバラです。

値段の高いところで発注した場合は、他所から届く花に見劣りする場合がありますので花屋選びは慎重に行いましょう。

移転祝いの胡蝶蘭を東京に贈るときには下記のようなサービスも参考にしてください。大手企業も利用しています。

東京へ移転祝いに高品質で安い胡蝶蘭を贈れるサービス

 

 

 

もう一度胡蝶蘭を咲かせる方法

美しく気高い花を咲かせてくれていた胡蝶蘭もいつかは必ず花が枯れてしまいます。何も知らない人なら花が枯れるともうおしまいと感じて株ごと捨ててしまう人もいるかもしれません。これはもったいない話です。花が終わったらまた花を咲かせてくれる努力をしてみたいものです。胡蝶蘭はきっちりと管理できると必ず次の花も咲かせてくれるのです。花は一気には枯れません。古い花から先に枯れていくということになります。その花を順番に摘んでいき全ての花が枯れてしまったら茎をカットします。茎をカットする位置は真ん中より少し上くらいが一番良いと言われています。そこをカットするとそこから新しく芽が出て数カ月後には再び花を咲かせてくれるのです。つまり1年に2回花を楽しむということができるということになります。ただし、これを行うと株に残っていた栄養は使い果たすようなことになりそれで終わりになる可能性もあります。もっと長い間、胡蝶蘭を楽しみたいというのならすぐに2回目の花を期待するのではなく株に栄養を蓄えさせるという選択を取ります。花が枯れてしまった後に茎を切る場所を株に近いところから切り落とすということでそうしたことが可能となります。これを行えば数カ月後に2回目の花が咲くことはありませんが、株に栄養が溜まっていくためにその翌年も胡蝶蘭が咲き誇るのを楽しむことが出来るということになるのです。胡蝶蘭は大切に接して世話をしてあげればあげるほど花を咲かせて応えてくれる嬉しい花なのです。

開業や開店祝いの胡蝶蘭ギフトを贈るタイミング

開店や開業祝いに贈る定番のギフトと言えば胡蝶蘭を連想する人も多いと思いますが、若いころはお花を貰ってもあまり喜ばないと言う人も多いのですが、大人になってくると花が持つ神秘性や花言葉が持つ意味などを意識するようになり貰って嬉しいギフトになります。

胡蝶蘭東京

その中でも胡蝶蘭は美しさもあり派手さもあり、そして神秘性もあることから人気を集めていますが、開店や開業のお祝いで多く利用されているのは幸せを呼んでくれるという花言葉や耐久性が高く長い時間をかけて美しく咲いてくれることなどが理由です。

開店や開業の際にギフトとして贈る場合はタイミングが一つのポイントになりますが、前提となるのは開店より遅れないように贈るということなので開店する日にちを聞いた時点から準備を進めて行く必要があります。

花は生きているので当然ながら枯れてしまうわけですが、早いうちから購入していると一部が枯れてしまってギフト用としてはとても不向きな面持ちになってしまう可能性があるので開業や開店する当日か前日に届くようにしておくとよいでしょう。

場合によってはオープンを記念してイベントを行うようなケースもありますが、イベントに胡蝶蘭があれば場をより盛大にすることができるのでイベントに合わせて贈るのもおすすめです。

手渡しで渡すというのも気持ちがこもっていいのですが、開店や開業前は忙しい場合が多いので手間をあまりとらせないようにすることも配慮として必要です。

安い胡蝶蘭を東京に贈る

ここで紹介する蘭の通販は、東京の花屋で買えば2万円の胡蝶蘭が、およそ半額の激安価格で買えます。

農林水産大臣賞や金賞を受賞した生産地の胡蝶蘭を独自の仕入れルートで入荷しているため、中間コストがかからず格安な値段で販売しています。

新鮮でハイクオリティな花が都内23区に当日配送できます。また、全ての花には品質保証が付いているので大切なビジネスギフトにしても安心です。

 

胡蝶蘭3本立の最安値

3本立ちの胡蝶蘭は、花キューピットなどを利用した場合の通常価格は15000円(税別)です。

配送料などを含めると17000円以上になります。

それと同等以上の胡蝶蘭が1万円程度で購入可能です。

※業界最安値の9200円

色タイプ:3種類(白、ピンク、白赤)

納期は、東京都内23区は当日配送可能です。

午前中までのカード決済が最も早く手配できます。

蘭≫胡蝶蘭一覧はコチラ≪

東京の花屋と比べると圧倒的な安さと機動力

安くて高品質な花が届くと一流企業や芸能人に評判で多くのクライアントを持つ花屋です。

東京23区は最短で即日配達。翌日なら全国への発送も可能。

カード決済、振込、法人向けの請求書払いに対応。※初回は不可

全商品に品質保証付で万一の不良品にも即対応。

コストパフォーマンスに優れた蘭が届きますので、安い花は不安と思っている方は一度試してみてください。

>> 胡蝶蘭一覧へ