就任のお祝い花として胡蝶蘭を贈る

就任祝い胡蝶蘭

ひときわ豪華で美しい胡蝶蘭は、会社役員への就任時のお祝い花として定番の贈り物です。

就任祝いというのは知人や取引先でお世話になっている人が、人事によって社長や役員になった際にお祝いをすることです。

ただし、係長や部長などの役職があるだけでは就任とは言わず、この場合は昇進になるため、お祝いをする場合は昇進祝いという形になりますので区別しましょう。

就任祝いの相場について

取引がある会社の役員に対しては、就任祝いとして花ギフトなどを贈るのが一般的となっていますが、取引内容によって花ギフトの値段を決める必要があります。

相場的には3万円程度の胡蝶蘭が一般的ですが、取引が少ない会社の役員宛には2万円程度でも良いでしょう。

会長や社長、専務や常務などの役員によって値段を変えることもありますが、胡蝶蘭であれば5000円区切りで購入することができますので予算に応じて選ぶことが可能になります。

就任祝いの花を贈る時期

就任祝いの花などを贈るタイミングとしては社長に就任した日に届けるのがもっとも多く、その次は六曜の関係から就任する日の日柄が良い日を選んで贈るのが一般的です。仏滅に届くのは避けたほうが無難ですが、最近は日柄よりも就任日を優先する傾向にあります。

気をつけないといけないのは、就任が決まっても前の役員が会社内にいますので、まだ交代前の役員がいるタイミングで贈ってしまうと失礼になりますので気をつけましょう。

また、会社の取引先であれば同じ職場の上司や部下、他の部署からも贈ることが考えられるので、お祝いの花が重なって届くことのないように確認・相談しながら贈ることも大切です。

社長へ贈るような高額な胡蝶蘭はタイミングによってはすぐに用意できるとも限らないので、検討の初期段階でなるべく早めに注文をしておくことが、より良い就任祝いの胡蝶蘭を手配するためのポイントになります。

胡蝶蘭を手配する方法

胡蝶蘭を手配する際は、大手の有名生花店や高級デパートなどで販売している高品質で見栄えの良い胡蝶蘭と同じものを産直価格で贈れるサービスを利用するのがおすすめです。

胡蝶蘭はこちら