名札の書き方

胡蝶蘭に付ける名札の書き方について。

札の書き方

お祝いの用途には赤色の文字で「祝」「御祝」とし、続けて贈り手の名前を書くのが一般的です。

 東京太郎

御祝 関東株式会社 代表取締役 東京太郎

名札(立札)は熨斗の代わりとなるものなので、基本的には受け取る側の名前は不要になります。

札の書き方で迷ったら「送り主の名前だけ」として置くことでほぼ全ての用途に適した名札となります。

 

相手の名前を書く用途

相手(受取人)の名前を書く用途としては、開店祝い楽屋見舞い公演祝い開店祝い誕生日などがあります。

開店祝いの札

受取先に複数の人がいる場合に「誰宛」かを明確にするために書きます。

開店祝いの札には店舗の名前を書くことになります。

祝開店 品川ショップ 東京太郎より

 

敬称の書き方について

札の名前に付ける敬称は社名であっても人名であっても「様」「さん江(へ)」が一般的です。

「御中」は使いません。

就任祝い札の書き方

尚、結婚式などで年下のお若い方へ贈る場合は「□□&○○さん」などとします。

 

胡蝶蘭の立札書き方まとめ

胡蝶蘭につける札は熨斗の代わりであり、贈り手の名前を書いておけばほとんど問題ありません。

逆に相手の名前や社名の字を間違えるととても失礼になります。

正確な字がわからないときは書くのは控えましょう。

用途によって「祝」などの祝い字を変える場合もありますが、どのような祝字が適切なのかわからない場合は、花屋に任せましょう。